MENU

妻の浮気調査にかかる費用

浮気の証拠が取れなかったら0円!妻の浮気調査に費用対効果が抜群。妻の浮気調査を依頼して、不倫の証拠が取れたときにだけ代金を支払えばいいという、安心の料金プランがある探偵事務所の紹介。

 

家内の密通が露見してしまったときは、強烈な恨みの気分と虚しさがなかなか消えないですよね。

 

ママのスマートフォンに、奸夫とキスしているフォトや、自ら撮った手ブラ写真などが保管されているのに気付いてしまったとき。

 

ビジネスの出張 で出先で宿泊しているはずなのに、寝部屋に溜めていた経口避妊薬のの数量が減っていた時。

 

上さんが密夫と男女の交わりをしている状況を想像してしまうと、どうしても脳裡から取り去ることができなくなって復讐したい気持ちがおさまらなくなる。

 

妻の浮気調査にかかる費用は不倫相手からの慰謝料で回収

 

結婚の契約をした相手が不倫を行ったとき、間男に対して徴発 できる補償金の平均的な値段は二百万円だがしかし、代言人が手続きをすれば5,000,000円〜10,000,000円もの慰謝料を得られることもあり得ます。

 

密会相手の収入状態や、弁護士先生の交渉力の違いで補償金額に差は出ますが、上さんと浮気したのにもかかわらず二百万円前後では少ないと思ってしまう方は多いはずです。

 

姦通に対する賠償金督責 では、明白な根拠が絶対に欠くことができないので、弁護士先生自身が探偵企業をマネージメントしている組織もあり、そこでは高い金額の慰謝料接収 を行った数が圧倒的に多いです。

 

正当な手段にて高い金額の慰謝料督促 をして、姦通相手に対して制裁したい方はこちらへ。

 

妻の浮気調査にかかる費用と注意点

 

もしもワイフの姦淫が事実だったとしても、自らで仕返ししない方が賢い選択です。

 

なぜなら、自らで制裁を与えると、自分自身の立場が悪化してしまうためです。

 

相手に過失があるからと言って、家内に絶叫して怒鳴りつけてしまうと、DV(ドメスティックバイオレンス)と理解されて離婚裁判をされたときなどに極めて立場が弱くなります。

 

激烈な声の調子で指弾されたので精神病にかかったと診断書を書かれて、嫁さんが法廷に提示してしまうこともあり得ます。

 

もしくは、浮気相手を打倒してやりたいと激しく怒る方もおられると思いますが、姦夫に損傷を与えてしまうと自分が犯罪者となってしまいます。

 

たとえ身体的暴行を加えなかったとしても、叫んで叱咤してしまうと脅迫罪で逮捕される事例も多くあります。

 

自らで懲罰を与えようとすると、実にみすぼらしい終わりになることが主である。

 

 

浮気の証拠が取れなかったら0円!妻の浮気調査に費用対効果が抜群記事一覧

妻の浮気調査にかかる費用と体験談や注意点。ママの浮気相手へ懲罰として高い金額の慰謝料徴発 をして復讐してやる方法。慰謝料の平均価格である二百万円前後より多い賠償金を接収 してやる合法的な手立てを紹介。ママの不義が露見したときには、猛然たる辛辣の 思いと空虚感がなかなか収まりませんよね。家内が使っている携帯電話に、間男と手をつないでいるフォトグラフや、スマホで自撮りした上半身ヌード写真などが格納され...