MENU

妻の浮気調査

妻の浮気調査にかかる費用比較と探偵に依頼した実際の体験談。妻の浮気が怪しい時、法的に有効な証拠を掴むおすすめの方法と、良い探偵業者の選び方。実際に探偵事務所に妻の浮気調査を依頼した時の、金額や結果を紹介。

 

嫁さんの浮気が発覚してしまったときには、猛然たる怨恨の心情と絶望感がなかなか収まりませんよね。

 

家内が所有しているスマホに、密夫とキスしている写真や、セルフショットの裸写真などが保存されているのを確認してしまったとき。

 

企業の出張 として宿泊しているはずなのに、寝部屋に買い置きしていたピルのの物量が減っていた時。

 

嫁はんが密夫と情事を重ねている有り様を想い浮かべてしまうと、もう脳裡から忘れ去ることができなくなって怒りが止まらなくなる。

 

妻の浮気調査をして不倫相手に慰謝料請求

 

結婚相手が不貞行為をしたとき、姦夫に徴用できる補償金額の目安は200万円前後でありますけれども、ロイヤーの先生にやってもらえば5,000,000円から10,000,000円の慰謝料を請求できることもあります。

 

情事相手の財政状態や、弁護者の談判の違いで価格に差異はありますが、嫁と姦淫をされたのにもかかわらず二百万円前後では足りな過ぎるという方は多いですよね。

 

不義に対する賠償金督促 には、信頼できる裏書きが必要不可欠なので、弁護士先生自身が探偵企業を設立している組織もあり、そこでは割高な慰謝料請求をした数が圧倒的に多いです。

 

合法なスキルにて高い価格の慰謝料徴用をして、密会相手へ対して懲らしめしたい方はこちらへ。

 

妻の浮気調査のきっかけ

 

嫁の浮気が怪しい際の対処技術。

 

嫁はんの不倫が露顕した際はまことに衝撃ですよね。

 

嫁さんの言葉がすごく冷淡になってしまって、妹背のつながりが悪化してきたと勘づき始めていたら、四六時中ケータイを操作するようになってしまって、皿洗いや食事の用意をほぼしなくなってしまって、外泊することが多くなった時。

 

妹背の肌の交わりが避けられるようになり、トークがあまりなくなってしまった。

 

ハズバンドとの性の交わりはとんと無いのに、セクシーな下着が増えてきて、いい香りがする香水をつけてオシャレな服で、朝帰りするまで友人とカラオケをすることがたびたびになってきたとき。

 

男性としては、確実に密会をしているようにしか見えないのだが、確たる証拠が無しに審訊しても誤魔化される。

 

だけれど、今の状態のまま気が付かないふりしていると自分が精神崩壊してしまう。

 

また、娘へも否定的な影響。

 

妻の浮気調査の注意点

 

奥さんの不倫が疑わしいときには、法的に有効な証左握る。

 

確定的な証左を得るまでは、情事を察しているということを口外しない方がいい。

 

妻は不義をしているのかもしれないと怪しんだ時、概して奥さんが使用しているスマートフォンを検分して、他の男と不謹慎なラインを行っていないか、家を空けるスケジュールがメモされていないかどうかチェックしますよね。

 

あるいは、奥さんが使っているポーチにGPSを入れたりして、行く先を観察することもすると思います。

 

けれども、それでは裁判で明確な証拠浮気の根拠と見なされないことを分かっていますか?。

 

男にとっては、奥さんが姦夫と淫らな会話のやり取りをしていて、チューしたいとか囁き合っていたら、それはもはや情事と判断したくなりますよね?。

 

さらに、嫁の情事が疑わしいということでGPSで行く先を追尾している時に場所がホテルで止まったら、激怒してしまいますよね。

 

それでも、法的には「不貞行為」をしていなければ、不倫だと裁決されません。

 

浮気相手と嫁さんが情交をしていた時に、法的な見方から不貞と判断されます。

 

逆から言えば、嫁が間男と体の交わりをしていないのに、不貞だと言って怒って尋問すると、自己の立場が弱くなってしまいかねない。

 

妻の浮気調査の体験談

 

裏書きが不備な状態で、ママの密通を尋問してとちった事例紹介。

 

音声録音機に記録した間男とママの喘ぎ声。

 

妻の家庭生活が不審になり、音声録音機を車に付けたりしておきました。

 

帰ってきて聞いてみると、間男と体の交わりをしている会話が確認できました。

 

これは明らかな確たる証拠だと思い込んで嫁さんに質疑したら、浮気を承認しました。

 

それなのに、いざ間男に対して慰謝料請求をしようとすると、いきなりスタンスを変化させてしまったのです。

 

旅館へ一人だけで休憩に入り、姦夫と二人ではないと。

 

そういったことは通じないと思いましたが、ロイヤーの先生に仰いでみても、やっぱり浮気の現場を写真撮影など証拠に残しておかないと、法的に法的に有効な不貞の証拠と見なされないとの回答。

 

更新履歴